薄毛の男性

治療方法

歯科医院では、子どもの虫歯対策としてシーラントという歯科治療を行っています。これは、奥歯の溝をフッ素を配合した樹脂で埋める施術です。歯の溝を浅くすることで物が挟まりにくくなり、虫歯になりにくくできます。 特に子どもの場合、第1大臼歯と呼ばれる6歳頃に生えてくる永久歯が虫歯になりやすいです。というのは、奥にあるので歯ブラシが届きにくく、知らず知らずのうちに汚れがたまりやすくなります。虫歯になるリスクも高く、最も寿命の短い永久歯といえます。この第一大臼歯にシーラント処置をすることで、虫歯のリスクを減らすことができます。 シーラントは注射をしたり、歯を削ることもありません。しかも、治療時間は1本の歯につき5分程度です。よって、子どもにとってストレスなく簡単にできる虫歯予防といえます。

歯科医院では、子どもが虫歯になるリスクを減らすためにシーラント治療を行ってくれます。虫歯予防に効果的ですが、その効果を維持するにはいくつかの注意点があります。まず、シーラントは咬み合わせなどによって、歯からシーラントがとれてしまう場合があります。とれてしまうと気づかないことが多いので、歯科医院に定期的に検診してチェックしたほうが良いです。 また、シーラントをすれば絶対に虫歯にならないと勘違いされる方が多いです。しかし、きちんと毎日食後に歯磨きをしなければ、虫歯になってしまいます。なので、シーラントをした後も通常と同じように歯磨きをしっかり行う事が大事です。歯と歯の間は糸ようじで掃除すると、虫歯のリスクを減らすことができます。